<2011年(平成23年)のトピックス>

12月31日(土曜日)
氏子総代や崇敬者の方々とお正月を迎える準備をし、年越の大祓式を行いました。
12月29日(木曜日)
崇敬者有志の方々が、お正月のお飾りを手作りしてくださいました。

12月23日(金曜日)
天長祭を行いました。また、新しい年を迎える準備に、総代さん達が門松を作ってくださいました。

 

12月22日(木曜日)
社務所にて「こよみの会」がありました。多くの方々が参加され、正式参拝後お話し会、最後は境内に集まって冬至の日のたき火にあたっておられました。

12月19日(月曜日)
神社前にお蕎麦とお茶処「陽の坂(ひのさか)」がオープンしました。

12月18日(日曜日)
朝10時から社務所にて「福朗の会」(朗読会)がありました。今回は当社作成の小冊子「言の葉」の読みを楽しみました。
12月14日(水曜日)
応神天皇誕生祭を斎行いたしました。
12月8日(木曜日)
9月21日の台風で何本もの大木が倒れてしまった「本宮御仮屋」(例大祭の時に、神輿が最初に立ち寄りご神事をするところ)の工事が始まりました。安全祈願祭を行いました。

11月20日(日曜日)
前日は9月21日の台風を思いおこすような嵐でした。境内にはかなりの枝や葉が落ちましたが、本町の氏子さん達が掃除奉仕に来てくださいました。感謝です。

午後3時から、社務所にて「福朗の会」(朗読会)がありました。ステージ97の鈴木亜繪美さんを講師にお招きし、言葉の面白さや声の表現力を楽しみながらの朗読練習、今回は「枕の草子」からの一節を楽しみました。
11月14日(月曜日)
11月2回目の酉の日です。「中の酉祭」を斎行しました。今年収穫した新米を捧げて、豊穣に感謝しました。
10月15日(土曜日)
社務所にて「いろは呼吸書法」セミナー」がありました。

10月10日(月曜日)
摂社の金刀比羅神社祭を斎行しました。
9月22日(木曜日)
前日の台風15号の影響で、境内の大きな木の枝が折れたり木が倒れたりして大きな被害を受けてしまいました。朝から総代の方々、消防団の方々、祭青年の方々、またその他大勢の方々が掃除奉仕に来てくださいました。感謝です。(台風15号被害の写真を見る)

  

9月16日(金曜日)〜9月18日(日曜日)
事任八幡宮例大祭を斎行しました。16日は宵祭、17日は例大祭式と大笛祭、18日は神幸祭(神輿渡御)でした。(例大祭の様子をもっと詳しく見たい方はコチラ)

   

9月12日(月曜日)
十五夜祭を斎行しました。旧暦の八月十五日はかつての例大祭日です。古式に則ったおごそかな神事を行う静かな夜のお祭りに大勢の方々がご参加くださいました。神事の後には、琴演奏の奉納がありました。美しい満月の下で聞く琴の音色は素晴らしく、参加者は聞き惚れました。

  

9月11日(日曜日)
例大祭前の日曜日です。前日から氏子さん達が神社内や周りを掃除してくださいました。また、氏子有志10名で注連縄を新しく作ってくださいました。感謝。

  

9月9日(金曜日)
社務所にて「こよみのおはなし会」がありました。
9月7日(水曜日)
大杉様(ご神木)の前の祈願ロウソク立てが新しくなりました。

9月4日(日曜日)
大型台風12号の影響で大雨が降り、本宮山入口鳥居横より土砂があふれました。消防団の方々の作業で素早く片付けられましたが、一時は道路通行止めになっていました。本宮お社まで行く道は無事でした。

9月1日(木曜日)
五社神社祭を斎行しました。
8月26日(金曜日)
五社神社のご祭神を示す看板が新しくなりました。

 

8月23日(火曜日)                 
本宮遙拝所の柵が新しくなりました。

 

8月19日(金曜日)
五社神社の柵と大杉様(ご神木)の柵が新しくきれいになりました。50年程耐久性があるしっかりした木が使われています。

 

8月11日(木曜日)
毎朝掃除奉仕に来てくださっているM夫妻の「ご奉仕1000日達成」の日でした。掃除後、達成記念の記念品を贈りお祝いをしました。感謝。

  

8月8日(月曜日)
昨年に引き続き、葉月八日(葉っぱの日)に劇団「ステージ97」による「葉精たちの杜」公演がありました。昨年は一日に3回公演をしましたが、今年は夕方6時からの1回限りの公演でした。八十八夜物語の第一話である今回は「時計回りにまわれ」と題されたお話です。今回は約80名の方々が来宮され、落ち着いた夕刻の神社境内にて杜(もり)に住む葉精(ようせい)たちのお話を楽しみました。公演が終わって少しすると、待ってくれていたかのように雨が降りました。
(もう少し詳しく見る)      (昨年の「葉精たちの杜」の写真を見る)

8月7日(日曜日)
神社境内にて「ふれあい神社マルシェ」(朝市)を開催しました。喫茶、パン、練り製品、手作り小物、アクセサリー、お総菜、野菜、駄菓子、ヘッドスパ、オーラソーマ、フットマッサージなどたくさんの方々が出店してくださいました。神社も賑わい、たくさんのご縁をいただきました事に感謝です。マルシェ参加費は義捐金に回しました。

  

8月6日(土曜日)
社務所にて8日(月曜日)までの3日間、「ことのままの女神と龍と杜の葉精たち」の絵を奉納してくださったエレマリアさんの個展が開かれました。大勢の方々が来られ、楽しんでくださいました。

7月18日(月曜日)
社務所にて杉山開知さんの「こよみのおはなし会」がありました。今回は前日(17日)正式参拝から始まる参拝ツアーに続いて、本日の「こよみのおはなし」(杉山開知さん)と「数霊のおはなし」(深田剛史さん)の特別企画だったようです。(地球暦について詳しくはコチラ

6月30日(木曜日)
半年が終わったため、夏越の大祓式を斎行し、半年間に受けてしまった罪やけがれ(気枯れ)を祓い清めて、新たな半年を迎える準備をしました。
二の鳥居前で焚く篝火にあたることで祓い清められると言い伝えられている「おかがり」の行事に氏子や崇敬者の方々が訪れ、おひとがた(人の形の紙)に罪けがれ(気枯れ)をうつし清めて帰りました。

6月20日(月曜日)
昨日の崇敬奉賛会イベントの記事が中日新聞に掲載されました。
6月19日(日曜日)
崇敬奉賛会主催イベントがありました。題目は、邦楽「三つ巴」で、小鼓薩摩琵琶と二十五弦箏の演奏でした。他では聴けないコラボレーションで、素晴らしい演奏に楽しいトークも交えて参加者を楽しませていただきました。(もっと写真を見る

6月5日(日曜日)
氏子総代の方々が本宮の草刈り奉仕してくださり、影森地区の氏子さん達が神社境内の掃除奉仕をしてくださいました。おかげ様でとても清々しくなりました。感謝。

6月4日(土曜日)
社務所にて「こよみのお話会」がありました。

5月22日(日曜日)
拝殿に新しい立派な御鏡が入りました。

5月3日(火曜日)
毎朝早朝掃除奉仕に来てくださっているM夫妻の連続奉仕900日達成です。感謝。

5月2日(月曜日)
八十八夜なので神様に新茶を捧げ、献茶祭を斎行しました。
4月20日(水曜日)
本宮山入り口に鳥居がたちました。(鳥居設置の様子をもっと詳しく見る

4月17日(日曜日)
「ことどひの里」(神社裏手の川辺)に木くずチップを入れて整備しました。

  

大杉様(御神木)の前に祈願ローソクが沢山並びました。昼は風が強く、吹き消されてしまうことも度々でしたが、夕方風が静まった時には見事に美しく燃えました。

 

4月14日(木曜日)
社務所前の桃が美しく咲いています。赤色と桃色の2色がとても綺麗です。

4月5日(火曜日)
境内にある大きなムクロジの木は、以前「市の保存樹木」に指定されていましたが、台風で上部が折れた影響で残念なことに枯れてしまいました。中が空洞になっていることが明らかで、倒木の恐れがあり心配していましたが、御林地区の氏子総代を始め有志の方々が3人力を合わせて伐採してくださいました。命がけのご奉仕に感謝です。また、事故もなく無事に伐採できるよう守っていただけたことに感謝です。伐採後改めてその木の大きさを実感しました。

    

4月4日(月曜日)
本宮の登り口に鳥居を建てる為、鳥居の基礎工事をしました。

 

3月23日(水曜日)
本宮社の鈴が奉納されました。以前より大きな鈴で、良い音色です。感謝。

3月19日(土曜日)
社務所にて鳥居禮氏の講演会がありました。

2月25日(金曜日)
杉花粉がかなり飛びはじめました。本殿、拝殿など花粉が一面に積もり、どこも黄緑色です。
マスクをして来られる参拝の方も多くなりました。
2月23日(水曜日)〜2月24日(木曜日)
氏子、崇敬奉賛会の方々と「一の宮参拝旅行」に行きました。第十一回参拝旅行の今年は「出雲大神宮」と「元伊勢籠神社」を参拝いたしました。お陰様で和やかに無事に参拝旅行を終えることができました。また、急遽「比沼麻奈為神社」にも参拝させていただきましたが、各社にておもてなしいただき、宮司様のお話を伺い、ご神縁をつなぐことができました。本当に感謝です。

 

2月19日(土曜日)
社務所にて、「神人(かみひと)さんの講演」の催しがありました。
2月18日(金曜日)
前日の大雨と大風で杉の葉や枝が大量に落ちました。お掃除奉仕をしてくださった方はなかなかキリをつけられず大変でした。ありがとうございました。

2月17日(木曜日)
稲荷神社祭、祈年祭を斎行しました。

 

奉納された立派な鈴と鈴緒が拝殿前にとりつけられました。いい音色です。感謝。

2月10日(木曜日)
SBSの方が来られました。(テレビには15日に放映されました。)

 

2月8日(火曜日)〜2月9日(水曜日)
昨年樹木医さんからアドバイスを受けていた為、境内の木々を守るための酸素剤4000リットルを散布しました。

2月3日(木曜日)
節分祭を斎行しました。年男年女の方々計6人にお祓いを受けていただき、福豆をまいていただきました。まかれた福豆を拾いに沢山の方々が来られました。

 

1月28日(金曜日)
ことのままの女神と龍と杜の葉精たち」の絵が奉納されました。

里宮入り口の太鼓橋を入ってすぐ左手にあった櫻の木がテングス病にやられてしまったので、やむなく切りました。

1月23日(日曜日)
毎朝早朝の掃除奉仕に来てくださっているM夫妻の「ご奉仕800日」を祝いました。感謝。

1月16日(日曜日)
社務所にて「直感を輝かせる為のワーク」の催しがありました。
1月15日(土曜日)
古神札焼納祭(御焚上祭)を斎行しました。神札の御霊に感謝を捧げ御霊様にお帰りいただくお祭をした後、お焚き上げをしました。

 

1月9日(日曜日)
11時より崇敬奉賛会の新年祈願祭を斎行しました。遠方からも大勢の崇敬奉賛会員の方々が参宮され、神恩に感謝し世界の平和を祈りました。
1月2日(日曜日)
交通安全祈願祭を斎行し、今年一年安全に過ごせるよう御祈願しました。
1月1日(土曜日)
元旦祭を斎行しました。

閉じる   2010年TOPICS   2009年TOPICS