お知らせ


※重要なお知らせ

 平成31年(2019年)3月31日をもって、geocities.jpのホームページは、閉鎖となりました。
新ホームページは、「kotonomama.org」です。
 


「むすびの会」毎月第2土曜日(都合により変更となり場合があります)

 集まった有志の方々で一緒に掃除奉仕をし、その後一緒におむすびを作り、作ったおむすびをいただきます。 
 どなた様でもご参加いただけます


「神向の会」毎月第2日曜日(都合により変更となる場合があります)

 正式参拝をし、その後、皆で神様についてのお話などをいたします。 
 どなた様でもご参加いただけます

※ご参列、ありがとうございました。
「崇敬奉賛会新春祈願祭」1月13日(日曜日) 11:00〜

 新春祈願祭の後は、今年も境内にて川根高校郷土芸能部員による和太鼓の奉納演奏がありました。

※お越しいただき、ありがとうございました。
古文書お話会月4日(土曜日) 14:00〜

 事任八幡宮では、数年前より、主に社家に伝わる古文書や境内の建造物、棟札などの調査を定期的に実施しております。千点以上にのぼる資料をひもとく事で、古き時代の様子が少しずつわかってきました。そして、今年2月に開催のお話の会(講話と懇話の会)では「江戸時代の八幡宮」という題目で天野忍先生にお話をしていただきました。今回は第2弾として「八幡宮とお祭り」という題目でお話をしていただきました。

※お越しいただいた方々皆様に、ゆったりとした時間を過ごしていただけました。ありがとうございました。
真夏の演奏会月22日(日曜日) 11:00〜

 境内にて、菊川市のバンド「VIVACE」(ビバーチェ)五人組による演奏会を行いました。

演奏曲(予定変更になる場合もあります)
 1.銀座カンカン娘
 2.野に咲く花のように
 3.夏の日の思い出
 4.となりのトトロ
 5.荒城の月
 6.タッチ
 7.小指の思い出
 8.さよならの夏
 9.異邦人
10.高原列車は行く
11.糸
12.この木なんの木
13.ふるさと

※お越しいただいた方々皆様に、楽しんでいただけました。
ありがとうございました。

つみきのそのさんとあそぼう月22日(日曜日) 13:00〜

静岡より「このこのまごまで つみきのそのさん」をお呼びして、つみきあそびを致しました。円筒ドーム作り(社務所のなかで大きなドームを積み上げます)や、ドミノたおし(社務所の廊下に長い長いドミノを繋げます)、つみきむかしばなし(「はっこさん」という積木を使って昔話をします)などお子様から、大人まで楽しんでいただけました。


日時:平成
30年7月22日(日) 13:00開始(12:30開場)

場所:事任八幡宮社務所



※たくさんの方にお越しいただき、ありがとうございました。
「大祓詞書写と神話のお話会」6月24日(日曜日) 13:30〜

〇神話のお話会

語りを松島季実代さん、演出として、ヒーリングライヤー(エレマリアさん、竹内栄子さん)やクリスタルボウル(ゆきえさん)、舞(よしかさん)にお越しいただきました。

〇大祓詞書写の会



※「記録屋」さんのご好意により、当日の動画を掲載させていただきます。
「大祓詞書写と神話のお話会」


「月次祭」1日、15日 「本宮月次祭」8日、18日、28日  

 毎月、1日と15日に拝殿にて、8日、18日、28日に本宮にて月次祭を行っています。
 他のご祭事がなければ10時より斎行いたします。ご参列希望の方は10時にお越しください。
 (*その他お問い合わせは社務所にお願いいたします。)


「コトノハ〜掛川事任八幡宮奉納歌」
 もんでんけんじさんにより、ご奉納いただいた「コトノハ」が、youtubeにて、公開されています。
 下記URLをクリックすると、拝聴が可能です。
 https://www.youtube.com/watch?v=7zUXXA_FRQU

 


 御遷座1210年記念事業ご協力の御礼

 平成29年(西暦2017年)は、当社が本宮より現在の里宮に御遷しされた大同2年(西暦807年)から1210年の年でした。
 これを祝い、記念事業として例大祭時の奉祝打ち上げ花火と羅陵王の舞奉納、限定の記念御朱印帳発行、手水舎の屋根改修工事、ことのまま写真コンテストを行いました。このような記念事業を行うことができましたのは、本当に多くの方々の温かいお力添えがあってこそです。
 氏子崇敬者の方々からの温かいご協力に加え、参拝に来られた際に御朱印を求められた方には、御遷座1210年の記念金印の押印(100円)にて記念事業の協力金とさせていただき、多くの方々のご協力を得ました。お蔭様で無事に奉祝記念事業を行う事ができました。
 皆様方のご協力に改めて深く感謝申し上げます。ありがとうございました。


 「ことどひの里」にある感謝の社「龍神社」のこと
 平成23年9月21日の台風15号では強風により沢山の樹木や枝が折れ、、境内、本殿、幣殿、拝殿、神楽殿、社務所等に被害が生じました。修復につきまして、ご参拝の方々や氏子崇敬者の方々より志納金のご協力をいただきありがとうございました。多くの方々のあたたかいお気持ちで修復ができ、これほど喜ばしいことはありません。心より感謝申し上げます。       (台風15号被害の写真を見る)
 また、平成24年6月19日の台風4号での被害も、無事に修復が終わりました。

 このような大きな自然災害を受け、事任八幡宮の禊ぎ場がある「ことどひの里」に自然に感謝を捧げるお社をお祀りしようという話がもちあがりました。
 大木の倒木処理という大きな工事が終わると、大切な「鎮守の杜」を守るために150本〜200本ほどの苗木植樹をいたしました。植樹にご協力いただいた方々、誠にありがとうございました。
 
 そうして平成24年11月1日、「ことどひの里」に感謝の御社、龍神社ができたのです。
 その後、東屋もできて整備が続けられております。龍神社で、自然のみめぐみに感謝を捧げましょう。

 


案内にもどる